愛される女性のテクニック|キスから始まる愛を永遠にする

たまには男性に世話をさせよう

たまには男性に世話をさせよう

たまには男性に世話をさせよう

大人の女性は落ちていく自分を許さないものです。ただ単に男性と女性の関係を、肉体だけのつきあいにしていては、いつか燃え尽きます。

 

それは男性が浮気だからということではなく、女性も肉体以外で離れられない魅力がないからなのです。

 

それは女性でも同じではないでしょうか?合えば体をほしがってばかりいる男性が、魅力的だと思えますか?

 

最初に内は「この人は、私をそんなのも求めてくれるのか」と、うれしいかもしれませんが、それが度重なれば、「私は結局、この人にとってはセックスだけの女なのか」と思うようになってくるはずです。

 

しかしよく考えると、そうなる理由は女性側にもあるかもしれません。会って話すことと言えば、おしゃれな食べ物、それに映画やテレビドラマの話ばかりだとすれば、男性はあまり興味がないのです。

 

男性にとって「本命」として、ぜひつきあいたい女性は、何であれ、プラスの影響を与えてくれるタイプなのです。

 

これをわかりやすく説明すると、食べ物の話一つするのでも、「あそこがおいしいい、行きたい」としゃべるだけでは、誰でも同じなのです。そんな時、

 

@ 今一番、はやっているので行ってみたい。
A おいしかったら自分で作ってみるから、食べてほしい。

 

と話をすれば、男性にプラスがあるでしょう。

 

料理を作るとすれば、それは世話女房タイプであり、結婚に夢と希望が持てます。

 

借りに、こういう話し方で男性を引き付けるとすれば、相手は年上であろうが、地位的に高かろうと、女性を大切にしてくれるようになります。

 

表現を変えれば、女性にかしずくようになるものです。なぜなら、「離しては損」という感情が生まれるからです。

 

繰り返すようですが、セックスの魅力で惰性を奴隷のように使えさせるわけにはいきません。真性のSMで、女性がS、男性がMなら、「ひざまずいて私の足をお舐め」となりますが、普通の付き合いでは男性がかしずくことは珍しいのです。

 

あるとすれば、女社長、女富豪の金目当てぐらいです。

 

そうではなく、男性が女性にかしずくとすれば、セックス以外の魅力も兼ね備えていなければなりません。

 

それを一言で言えば、「男性にプラスを与える」という言ってんです。



ホーム RSS購読 サイトマップ